教育理念

教育理念 生命の尊厳を基盤とした倫理観をもち、豊かな人間性・教養を身につけ、社会における 保健・医療・福祉の変化に対応できる看護の実践者を育成する。

教育目的

「知・徳・体」のバランスのとれた人格の育成を教育の基本とし、人間尊重と看護者と して必要な知識・技術を修得し、社会に貢献しうる自己成長力のある人材を育成する。

教育目標

1.生命の尊厳と個々の人格が尊重できる態度を養う。
2.人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う。
3.温かい配慮と信頼を基本とした人間関係を築くことができる態度を養う。
4.健康上の問題を、科学的根拠に基づいて問題解決できる基礎的能力を養う。
5.あらゆる健康レベルや生活の場に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
6.社会における看護の役割を認識し、保健・医療・福祉チームの一員として連携できる能力を養う。
7.主体的に学習し、自己成長し続けるための能力と態度を養う。

卒業時の到達目標

1.豊かな感性を持ち、人間を幅広く理解できる。
2.自己を理解し、他者を尊重した上で人間関係を深めることができる。
3.対象の健康や場に応じた問題を解決するための知識や技術を身につける。
4.自己成長力を養い、自ら探求する姿勢を持つ。


  金石 芳朗:校長、管理 
  向井美智子:看護専攻科長、学生募集、実習調整 、入試関係
  金重 晶子:教務主任、学習指導、視聴覚管理 
  山口真紗美:学生指導、国家試験対策、進路指導(進学)
  齋藤すが代:教務、国家試験対策、学習指導 
  松本江理子:学生指導、保健管理、学習指導 
  木下 詩子:図書管理、学習指導 
  兼重 香澄:進路指導(就職)、教育相談 
  高津いづみ:実習助手 
  伊藤 雅子:実習助手


 現在、緊急のお知らせはありません。
 

[%article_date_notime_dot%]
[%new:新着%] [%title%]